おすすめメンズ脱毛方法

おすすめのメンズ脱毛サロンや脱毛グッズをご紹介します

*

自分の毛深さに気づいた高校時代

      2015/10/02

001_datsumou_01

僕が自分の毛深さに気づいたのは高校時代。

それまで自分が毛深いなんてことに全く気付かず、逆に腕毛が毛深い同級生をからかったりしている側の人間でした。

そうが、そう、あれは忘れもしない体育の時間。

体育のジャージに着替えるためにいつものように着替えていると、同級生から「お前、太もも裏のムダ毛がすげーな」っと言われたのでした。

・・・???

は?

一瞬なんのことかわからず?え?俺のこと?と思ったくらい。

そのときは「え?そ、そう?」くらいのテンションで何となく誤魔化しましたが、それから1日中気になって体育や授業どころじゃなかったのは言うまでもありません。

鏡をみて愕然!モジャモジャしたムダ毛

授業が終わり、速攻で家に帰り鏡を前に太もも裏を改めて確認。

そこには、モジャモジャとしたムダ毛がごっそり生えていました。

自分の想像を超える毛深さだったので、正直愕然としたのを今でも覚えています。

それまで自分が毛深いなんて夢にも思わなかったし考えたこともありません。確かに腕や脚のうぶ毛は生えていたのですが、まだそのときは腕毛やすね毛は濃く生えていませんでした。

自分がバカにしていた濃い体毛が自分にも生えていた!?

この事実がショックでショックでその日一日は信じられない感じでした。

考えてみれば父親も毛深かった

次の日起きてまずやったのが、鏡の前での太もも裏のチェック。

そこには前日と変わらないモジャモジャの体毛が映ってました。

もう、朝からテンションだだ下がりです。

よくよく考えてみたら、自分の父親もひげは濃いし、すね毛や腕毛も生えていました。太もも裏は生えてないけど毛深い遺伝はしっかり受け継いでいたんだなー、と。

その時からです。僕が「ムダ毛」「体毛」について必要以上に気にするようになったのは。

とにかく、太もも裏のモジャモジャとしたムダ毛が気になってハーフパンツを履くことができませんでした。

毛深さを指摘されたのは高校2年の春。それ以来、高校生の体育の授業では夏場も長ズボンのジャージを履き凌いできました。いや実際には周りには毛深さはバレていたかもしれませんが、できるだけその話題には触れないように過ごしたのです。

すね毛や股の内側まで濃くなってくる

高校3年生になるといよいよ毛深さも本格化。

本当はそんなところが本格化して欲しくはないのですが、うぶ毛だったすね毛や股の内側のムダ毛まで太く濃くなってきたのでした。

その頃の高校生といったら、ハーフパンツやズボンの裾を捲ってオシャレするのが全盛期。そんなときにモジャモジャのムダ毛が酷すぎて捲ることもできず、同級生にバレるんじゃないかとそればかりが気になっていました。

一番気になったのが水泳の授業。

僕が通っていた高校は、男子は競泳用のブーメランパンツを履くというあり得ない決まり。思春期の高校生にとってはあり得ないですよ。マジで。今でもあれはおかしいと思いますもん。

ブーメランパンツといえば、当然すね毛、太もももでますし、太ももの内側、股の内側もあらわになります。そんなあらわになった股の内側に黒々としたムダ毛が生えていたらどうでしょう?もう、完全に陰毛ですよね。

思春期の高校生が陰毛と間違われるムダ毛をさらしている。

こんな恥ずかしいことはありません。

当然、当然、水泳の授業の前は股の内側のムダ毛を剃るのですが、実際にやってみると上手く剃れないんですよね。剃り残しがあったり、そったところに黒いポツポツした剃り跡が残ってしまったり。

それでもパッと見は目立たなくなるので、仕方なく毎回剃っていました。。。

「なんでこんなに毛深いのだろう・・・」

自分が毛深いと気づいたその日から、常にそんなことを考える日々を過ごして高校生活を終えたのでした。

 - ムダ毛の悩み


ページ上部へ